久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

腰を反らすと痛い腰痛の原因

腰痛にも沢山の種類があり原因もさまざまです。

今回は反った時に腰が痛い場合に多い原因をお届けしようと思います。

ずばり大腿直筋。

この筋肉が原因で反った時に腰痛の多くが起きてきます。

 

後ろ側に反るときは背中側の筋肉が縮むと同時に、お腹側の筋肉が伸びなければいけません。

この大腿直筋が硬く緊張することで、伸びなくなります。そうすると背中側の筋肉が無理に縮むようになり痛みが出る場合があります。

反った時に腰が痛い方は痛い場合、この大腿直筋を上から押さえていくとどこか痛いところがあるとおもいます。

そこを押さえたまま腰を反らせてみてください。

(一人では難しいのでご家族に押さえてもらって下さいね)

そしたら押さえてない時と比べて、痛みが減っている場合がけっこうあります。

その場合は大腿直筋が腰を反らしたときの痛みの原因である可能性が高いです。

大腿直筋を柔らかくすることで、腰痛が改善していくことも良くあります。

これが原因だと痛いとこだけ揉んでもなかなか良くならないのは当然ですね。

もちろんこれだけが原因ではないですが、腰をそらしたときの痛みに大きく関連している場合が多いのでぜひ試して見てください。

この大腿直筋が膝の痛みにも大きく関連しています。

お皿の付近が痛かったり、正座をするのが難しかったりするのもこの大腿直筋の硬さが大きく関わっています。

この筋肉は非常に強い筋肉なので、硬く、緊張してしまうと腰痛や膝痛を引き起こします。

しっかりとケアしたい筋肉ですね。

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます