久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

シップで腰痛は治るのか?

シップで腰痛は治るのでしょうか?

腰や肩が痛いときシップを貼る方も多いと思います。シップを貼る人が多いと言うことはそこに効果を感じている人が多い証拠かもしれません。

ただ病院で出されたので気休めに貼っている。という人もいるかもかもしれません。

結論から言えばシップで腰痛は治らないと考えます。

いやいや

シップ貼ってたら腰痛いのなおったんやけど・・・

そんな声も聞こえてきそうですが。

シップは簡単に言うと痛み止めです。

シップに含まれる成分は非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれるもので、体内の痛み、炎症、発熱などを引き起こす物質、プロスタダグランジンが作れるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる効果があります。

 

では痛みを起こす物質はなぜでてくるのでしょうか?

体が必要としているからでているのでは?

 

 

腰痛の主な原因は筋肉が硬くなることによって起きる血行不良です。

シップによって痛みを感じなくさせても固くなった筋肉が柔らかくなることはありません。

シップを貼っているうちに腰痛が治ったかたは、ご自身の自然治癒力で治っているだけです。痛み止めによって自然治癒力を弱めれば、回復を遅らせていたかもしれません。

ただし、強い腰痛は耐え難いし、生活に支障をきたすような痛みがある場合にシップや痛み止めを否定しているわけではありません。

なるだけなら頼らない方がいいなぁとは個人的には思っています。

皮膚からこのような痛み止め成分を体内に取り込んでいるだけなので、シップの貼りすぎは痛み止めの内服薬の飲みすぎと変わらないので注意してくださいね。

痛み止めを服用して痛みを感じないと、体は痛いから治そうと働くのに、痛みを感じていないためにその働きが鈍くなるという説を説く方もいらっしゃいます。(私は賛成です)

確かに痛くないのに痛みを治そうと体はおもわないかもしれませんね。

耐え難い腰痛の時は鎮痛作用のあるシップなどの力をかりるのもいいでしょうが、そうではないときまでもずっとシップをはっていることは完治を遅らせることになる場合があることを覚えておく必要があります。

 

シップはやっぱり痛みに対する対処的な処置で、根治をきたいするものではないですね。

 

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます