久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

背中、腰の痛みについて

久留米市の腰痛専門 出張整体ポノの高田です。

 

背中や腰の全般的な痛みについて考えてみたいと思います。
多くの背中や腰の痛みの原因が神経の圧迫や椎間板ヘルニア、関節炎などによって背中や腰の痛みがでていると考えています。

 

しかし痛みの原因の一部、いや多くが筋肉にできた筋硬結(トリガーポイント)である可能性があります。

 

背中の痛みの本当の原因が脊柱や神経圧迫であったとしても筋肉の筋硬結が痛みの大半に関与します。

 

実際、筋硬結による筋肉の緊張は付着部の骨をひっぱり椎骨のずれを引き起こし神経を圧迫し椎間板ヘルニアなどを引きおこす原因と考えられます。

 

筋硬結による痛みは、自分でも治療が可能であり、背中や腰の痛みを調べる場合にはまずは筋肉の緊張から疑うべきだと思います。(整形外科でのレントゲンやMRIは必須です)

 

背中や腰痛の原因には多くの異なる意見がありますが、それは関連痛が関与していることにより、原因を複雑にしていると考えられます。

 

これは特に腰痛に言えることで、腰だけをみて原因をさがすなら決して腰痛の真の原因を突き止めることはできないと思います。

 

驚くかもしれませんが、腰痛の一般的な原因はお尻の筋肉の筋硬結(トリガーポイント)であり、また逆に腰の筋硬結はお尻や股関節に関連痛を送ることがあります。

 

さらに腹筋と腸腰筋の筋硬結は腰部、背中に痛みをおくりますが、これは多くの治療家に見逃されている可能性があります。

腰や背中の痛みの原因を探る際に覚えておく必要があります。原因は痛む場所にあると絶対に決めつけないこと。

 

背中の痛みの場合には上下から関連痛が送られる混合の痛みである場合が考えられます。

 

痛みの原因を考える場合、いろんな所を見る必要がありますね。

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます