久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

坐骨神経痛の真実の原因

お尻や太ももふくらはぎがしびれている、痛いそんなつらい思いをされている方も多いと思います。

 

立ち上がってあるくとビリッと電気が走るようになったり、常に痛みに見舞われていたり。いったいこの痛みやしびれはなんなんだ?

 

そう思われるはずです。

 

殆どの方はまず病院に行かれると思います。
そこで、まずレントゲン、MRI等の画像をとり診断を受けます。その結果画像の異常がある場合。

 

例えば椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などと言われて、そこが原因でしびれや痛みがでてますねと言われます。

 

画像に異常がない場合。坐骨神経痛ですねと言われることが大半ですね。

 

さてその後の治療で何が行われるか?

 

痛み止めの薬、シップ薬、理学療法での牽引等が行われます。これで治れば問題ないのですが、全く改善をしないかたも多数いらっしゃいます。

 

そのまま病院に通うものの、お尻や足の痛みは改善せずに、このまま通っていいのだろうか?と疑問に思われる方も少なくないのではないでしょうか?これを読んでいいるあなたもその一人かもしれませんね。

 

痛みが改善せずにつらい方はその他の治療を模索しだします。そして最寄りの整骨院などに通ってみます。ここでも毎日来るように言われて、電気治療や軽いマッサージを続けるもののやっぱり改善しない。

 

うちに来られるのはそんな方が大半です。

 

ではなぜ改善しないのか?

 

病院では椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因と言われている。では飛び出した椎間板やせまくなった脊柱管が神経を圧迫してそれが原因だとすれば、シップや電気治療でなおのでしょうか?

 

飛び出たものがもとに戻るのか?狭くなった脊柱管がもとにもどるのか?

 

普通に考えたらシップや電気治療で戻るとは考えにくいですね。

 

では手術しか手はないのか?

 

手術なしで改善する方も沢山いらっしゃいます。それは何故か?痛みや痺れの原因が、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症でないからです。

 

もちろん全ての方がそうではありません。手術が必要な方もいます。しかし原因が別にある。

 

それが筋肉の拘縮です。

 

硬くなった筋肉が神経を圧迫してしびれていたり、痛みを起こしていたりするのです。

 

お尻やふくらはぎがしびれている方はお尻の筋肉が原因でしびれている場合が多く、側面や全面がしびれているときは、お腹の奥の大腰筋などが原因の場合があります。

 

簡単に言えば、このあたりの筋肉が柔らかくほぐれると、坐骨神経痛と言われている痛みや痺れは引いていくわけです。

 

病院や整骨院に通って改善が芳しくないかたは、この原因となっている筋肉にアプローチをされていないために改善しないケースが多いわけです。

 

痛み、しびれの真の原因、坐骨神経痛の真の原因は筋肉にある場合が多いのは事実です。

 

手術する前にそこは確認したらよいと思います。

 

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます