久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

朝 腰が痛くて起きれない

40代女性 事務職の方の例です。

日中はどこも痛くないのですが、朝、ベットから起きるとき腰が痛くて、しばらく起きれないそうです。

どのようにしたら腰が痛くないか、右に向いたり、左にむいたり、日によっては全くうごけないくらい腰が痛いこともあるそうです。

頑張って起きてから、仕事に行く準備などをしながら、少し動いていると、痛みが緩和してきて動けるそうになりそれからは、一日ほぼ痛みはなく、朝、起きるとまた痛いというのの繰り返しだそうです。

朝、腰の痛みを気にせず起きたい

 

お話を聞きながら体を検査していきます。

色々動きをしてもらって腰の痛みのチェックをしてみると後ろに腰をそらしたときに少し痛みがあります。

なるほど。

お腹をのある部分を抑えて同じ動きをしてもらうと、あれっ痛くない。

太もものあるところも押さえて、後ろにむいてもらうとあらっ痛くない。

おそらくこの筋肉が原因で痛んでいるのだと思います。

 

体を全体触ってみると右側の筋肉が特に固く緊張していてます。

 

左右のバランスが悪いのですね。

 

筋肉の固さの左右差は骨格をゆがめていきますから、腰の痛みをますます増大させる可能性もあります。

 

筋肉の固さは体液の循環を悪くするので、自然に体を回復していく力も落ちてくるとおもわれます。

 

まずは痛みの原因である筋肉から、緩めることに。あるていど筋肉が柔らかくなったところで一回動いてもらうと「あれっ 」痛くない。

 

座り方や歩き方の長年の癖で右側に負担が多くかかっているため右側がとても緊張しています。整体の施術で体を改善することはできても、日常生活の改善は本人にしかできません。

 

根本的な改善は日常生活の改善にあります。

 

整体の施術により全身の筋肉の緊張をゆるめることでかなり体は軽くなったとのことでした。

 

この方は顎関節症もあったので、そこも施術。

あごの関節が少し右によっているものを、自分で動かしてもらって改善。かなり動きもよくなり痛みも減少しました。

完全回復には自宅でのセルフケアで充分いけると判断しましたので、セルフケアをしっかりとやって頂くことに。

 

お腹を施術することで、肩まで動きやすくなったことに驚いていました。

皮膚や筋膜でつながっているので、お腹がの筋肉が十分伸びなくなればうでも当然上がりにくくなります。

 

全身を整えることが、自然回復力を高めるためにも重要であるなぁとよく思います。