久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

ヘルニアの手術をしたけど腰もお尻も痛い

先日こんな問い合わせがありました。

先月、椎間板ヘルニアの手術をしました。
手術後1週間は全く痛みもなく、これで腰痛やお尻の痛みしびれと解放されたと安心していました。

しかし、手術をして一週間がすぎたあたりから、また以前のようにお尻が痛みだしました。

 

痛いと病院の先生に言うと、そういうこともある。痛いならリハビリの量を減らしましょうと言われるだけです。

私のヘルニアは大丈夫なのでしょうか?

 

というご質問を受けました。ご本にお会いしていないし、体を見てもいないので憶測の範囲でしかありませんが、残念ながら痛みは再発し残る可能性が高いと考えます。

 

腰痛や、お尻の痛みやしびれの原因が椎間板ヘルニアによる神経の圧迫であるなら、その圧迫しているものを手術で取り除いているのですから、痛みの再発は疑問が残ります。

 

原因として考えられるのは手術が上手くいっていない。またはもともと痛みの原因が椎間板ヘルニアではない。

 

予測としては、原因がヘルニアではなく別のところにあったのではないかと考えます。

 

では、なぜ一週間は痛みがなかったのか?

おそらく手術の麻酔によって神経の興奮が一時的に収まっていたのではないかと考えます。

 

腰痛やお尻の痛みをすべてヘルニアだからと考えるのは、楽ではありますが筋肉の拘縮によって痛みが出ていることが大半ではないかと個人的には考えています。

 

何故かというと、筋肉を緩めていくことで痛みが改善するかたが数多くいらっしゃるからです。

 

この方は残念ながら、原因となっている筋肉の固さを取り除かなければ、痛みは改善されない可能性が高いと思います。

 

手術は最終手段でその他の可能性を探ってからが、いいように思います。

 

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます