久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

股関節と腰痛の関係

腰が痛いと、腰を揉みたくなる。
だって腰が痛いからしょうがない。
私も昔、この仕事をする前、自分の腰が痛いとき、一生懸命腰を揉んでました。

 

何度も言ってるけど、痛いところに原因がないことってとても多いのです。
だから整骨院に毎日かよって腰をマッサージしてもらっても、電気を流してもらっても一向に腰痛が改善しないのは、別のところに原因があることが多いのです。

 

今回はその中でも、腰痛の原因としてとても多い股関節について考えてみたいと思います。

腰痛の方の股関節の可動性、動きの範囲を注意してみているのですが、やはりあまり動かない方が多いです。

この可動性を取り戻していくためには股関節の筋肉を緩めることがとても重要です。

 

まずおしりの筋肉の大殿筋や中殿筋、小殿筋、梨状筋。

太ももの内側の内転筋群もとても大切です。

 

このあたりの筋肉を丁寧に検査して緩めていくことで、股関節の可動性を取り戻していきます。

股関節の筋肉が緩んでいくと、関節の隙間が開いていきますから、腰痛はもちろんですが、変形性股関節症のかたなども、痛みが軽減してきます。

 

股関節は体の土台なので、これらの筋肉や太ももの筋肉に拘縮がでてきて筋肉が短くなると今度は骨盤を歪ませます。

 

歪んだ骨盤はこれまた腰痛の原因になります。

これらの原因で腰が痛いのに腰を揉んでも腰痛がなおらないのは当然のことですね。

 

腰痛治療も考え方が色々あるので、他の治療法を否定してりるものではありませんのでそこはご理解下さい。

 

股関節は腰痛治療にはとっても重要です。