久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

脊柱管狭窄症でお尻から足が痛くしびれる。

病院で脊柱管狭窄症と診断されたクライアント様。

腰痛とお尻から太もも、ふくらなはぎにかけての痛みとしびれがあります。

特にお尻と太ももの痛みが強く、病院では脊柱管が狭窄されているから痛みが出ている。これは治るのは難しいといわれたそうです。

どうしても、痛いなら手術しかないけど、それでも改善しないかもしれないとも言われて、悩んでおられました。

同じような事を言われている方も多いと思います。

そしてどうしたものかたと治療院を渡り歩き、なかなか改善せず、途方にくれているかもしれません。

確かに、このような症状になられて、痛みも強い場合、改善していくことが簡単なことではないし、もうダメだときらめたくなるのも無理はありません。

しかし、しっかりと継続して治療、整体施術を行うことで改善するかたが多数いるのも事実です。

この方は70代の男性なのですが、色々体を検査していくと、小殿筋の関連痛で痛みが出ている可能性がかなりありました。

何度か臀部をメインに整体の施術を行って行くうちに、臀部、太もも、ふくらはぎの痛みが緩和してきて、最後にはほぼ気にならないぐらいになりました。

この方の脊柱管狭窄症の狭窄は治ったのでしょうか?

おそらく治ってはいたにでしょう。

しかし痛みはとれてきています。

これは、お尻から太もも、足の痛みの原因が脊柱管狭窄症からくるものではなかったということでです。

この方の痛みの原因は臀部の小殿筋の筋硬結(筋肉がかたくなったもの)によって起きる、関連痛だったということです。

こんなケースで手術をしてしまったら、たぶんなおらないでしょうね。

だって原因でないとこを手術してしまっているわけだから。

やっぱり、慢性痛はまず筋肉をみるべきだと思います。

そして多くの人が痛みから解放されることを望みます。