久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

坐骨神経痛の原因

お尻から足にかけて、痛い、しびれがある。

こんな症状があって病院に行くと、レントゲンやMRIをとって椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の診断をうけることが多いですね。

背骨の中にある神経を圧迫してるから、お尻や足がしびれていたり、痛んでいたりしまと言われることが多いですね。

腰の牽引や電気治療、症状がひどいとブロック注射、あとはシップで様子を見ましょうということ。それでなおらないなら手術を検討しましょう、と言われる流れが殆どかと思います。

しかしその診断はほんとうですか?

確かに椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症であることはレントゲンや、MRIの画像であきらかです。みるからに痛そうです。

病院の先生が言うし、そうとしか考えられないと思います。

しかし、実際は筋肉や筋膜の拘縮が原因で痛みが起きている、しびれが起きていることが大半です。

なぜそういえるのか?

筋肉の硬さをとることで、痛みやしびれがとれることがものすごく多くあるからです。

坐骨氏神経痛の正体は、坐骨神経にそった部分の筋肉の拘縮であると考えられます。

もしあなたが、今坐骨神経痛で苦しんでいるなら、まずこの筋肉の拘縮を疑って下さい。

そこを治療してからそれでも治らないなら、手術を考えてもまったく遅くありません。

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます