久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

朝、起きたら腰が痛い原因は?

朝、起きた時が一番腰が痛い!!

なんでや~!叫びたくなる人も多いと思います。

起きた時がとっても痛くて、しばらくすると大丈夫になる。

そんな症状あなたにはありませんか?

うちにもよくそういう症状の方が来られます。

痛みの原因が筋肉にある事が、多いことはここでもさんざん書いてきていますが、では筋肉はどのような時に痛みをかんじるのでしょうか?

よく考えてみれば、動いた時が多いと思います。(もちろん動かなくても痛い場合もあります)

筋肉は伸ばされたり、縮んだりしたときに、痛みが出ることが、多いのです。

そして朝、腰が痛い原因の代表格はやっぱり大腰筋です。「またかい」そういいたくなるほど大腰筋と腰痛はきっても切り離せない関係にあります。

よこ向きで寝てくの字型に折れ曲がった姿勢で寝ていると、大腰筋はずっと縮んだままです。その状態で固まってしまいます。

ずっと仰向けで寝ていると逆に、ずっと伸ばされた状態になります。その状態でかたまるのです。

伸びてる状態か縮んでいる状態で大腰筋が固まっているので、朝起きた時に腰がとっても痛いのです。

しばらくたって、動いていると筋肉がやわらかくなってきて、痛みが取れてくることが多いです。

 

でもなんで寝ていて、大腰筋がかたまるのでしょうか?

まず、ある程度の固さがあってより、固くなる下地はできていると思います。

人間は、筋肉が固まらないように自然に動いています。寝ているときに寝返りもそうです。

小さい子供などは、筋肉を触るととっても柔らかいと思います。本来筋肉はそうあるべきなのです。そして小さい子供ってねているときとっても動いてますよね。

反対向きになってたりもする。そうやって体が硬くなるのを防いでいるのです。

しかしいつの頃からか、あんまり動かなくなり、寝ているときにも筋肉がかたまってしまいます。

まあ寝ているのは、無意識なので自分でコントロールはできないですど、原因として考えられるのが寝具です。

とくにマットレスの柔らかいやつ。低反発の沈み込みの強いものなどは、体が沈んでしまって、寝返りを打ちにくくすることがあります。

もし寝具があってなければ、それを改善することで、朝の腰痛が良くなることもあります。

一種間ぐらい、床に布団をしいて寝てみて朝の腰痛の具合を、試してみるのもいいかもしれません。

少しでも腰痛が軽くなるようであれば、寝具の取り換えを検討してみる価値は十分あるかもしれません。

 

まずは少し硬い寝具で寝てみて、実験してみる価値は充分なあると思いますよ。

寝具を変えるだけで腰痛が治る方もけっこういますから。