久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

ヘルニアによる坐骨神経痛

40代女性のクライアント様

約、2年前から腰やお尻が痛みだし、痛んだり、治ったりをを繰り返していたんですが、少しずつ、ふくらはぎや足先まで痛みが広がってきました。

近くの整骨院に通って、電気とマッサージをしてもらっていたのですが、なかなか改善せず、次第に痛みがましてきました。

このまま整骨院に通ってもなかなか改善の兆しがないので、整形外科を受診しました。

レントゲンを撮ると、ヘルニアのようだと言われ、MRIをとるように言われました。

MRIを撮るとやっぱりヘルニアだと言われて、手術するほどではないので、ブロック注射と病院のリハビリで様子を見ましょうとの事でした。

最初、ブロック注射をすると、痛みは引いたのですが、翌日にはまた痛みだしました。

理学療法士の先生にマッサージをしてもらったり、腰の牽引をしたのですが、なかなか改善しません。

理学療法士の先生のマッサージが肘でぐいぐい押されて、お尻が余計痛くなってきました。

状態が悪いからしょうがないと説明を受け、しばらくすると痛みは減ると説明されたそうですが、一向に良くなる気配はなく、逆にに痛みがどんどん増してきたので、このまま病院の治療を続けてよいのか疑問を感じて、当整体にこられました。

色々とお話を伺うと、ヘルニアが腰の神経を圧迫しているから、お尻や足に痛みやしびれがあるとの説明だったそうです。

痛み止めやブロック注射、理学療法で治るとの説明だったそうですが、ここに少し矛盾があります。

痛み止めや、ブロック注射や理学療法をしても、飛び出したヘルニアはなくならないのです。

神経を圧迫しているヘルニアが原因であるならば、飛び出したヘルニアをどうにかしなければ、痛みは取れないはずです。

この患者様の場合は腰自体はそれほど痛くもなく、お尻やふくらはぎの痛みがメインの痛みですから、飛びだしたヘルニアが痛みの原因ではない可能性が高いと考えました。

色々とお体の検査をすると、お尻の筋肉にひどい圧痛があり、お尻の筋肉による坐骨神経の圧迫以外にも中殿筋や小殿筋の関連痛も疑われました。

案の定、そこの筋肉を緩めていくと、痛みがかなり軽減しました。

理学療法士の先生のお尻に対するアプローチは治療する場所としては良かったのかもしれませんが、肘で強く押しすぎたために、余計筋肉を痛めていたのだと思われます。

整骨院やマッサージ店は町に腐るほどありますが、なかなか、症状が改善しないのは正しく筋肉をやわらかくできていないことが原因です。

痛みの原因になってる筋肉、筋硬結を取り除くと大半に痛みは軽減、または消失します。

しかし原因を特定してその筋肉をしっかりと柔らかくするのは難しいんですね。

正しい場所に正しい整体の施術を施すと、体がどんどん改善して行きます。

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます