久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

膝の痛みは軟骨がすり減っているから?

久留米市の腰痛専門整体ポノの高田です。

前回に引き続き膝のお話。

上の青い筋肉は大腿直筋といいます。

太ももの大きくとても強い筋肉です。この筋肉は腰痛にも関連が深いですが、膝の痛みにもとても関係します。

この筋肉が硬くなって短縮すると、骨盤を下にぐっと引っ張ってきます。そうなることで、骨盤は前傾してきて、結果、反り腰を引き起こします。

そして腰痛に突き進んでいく、腰痛の治療にも必ず調べて行かなければいけない筋肉です。

そして膝の痛み。

この大腿直筋が硬く、短縮するとお皿を上に引っ張り上げます。すると膝の関節は狭くなって行きます。

その状態でレントゲンをとると、膝の関節が狭く映るので、軟骨がすり減っていますねぇと言われることがよくあります。

しかし、実際はこの筋肉の短縮からの筋肉痛が原因で膝が痛い場合が多々あります。といういか殆どと言っても過言ではありません。

原因となる筋肉は、この大腿直筋だけでなく、外側広筋や内側広筋、縫工筋や薄筋などの場合もありますが、大腿の筋肉が膝の痛みに大きく関与しています。

しっかりと調べていって、膝の大腿の筋肉を柔らかくしていけば、大半の膝の痛みは緩和する場合が多く、手術を回避できるケースも良くあります。

病院で軟骨がすり減っていますと言われても、実際は筋肉の緊張のせいで痛んでいるケースも多くあり、整体の施術を試して見る価値は十分あります。

病院の治療で回復があまり思わしくない場合は相談して下さいね。

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます