久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

膝の痛みの原因 関節包、靭帯、腱

久留米市の腰痛専門整体 ポノの高田です。

今日は膝のお話。

膝の痛い方とても多いですね。

歩くと響くし、足をつくと痛かったり、階段が登れなかったり、しゃがめない、座れない。

膝が痛いだけで、生活にとっても不便を感じます。

病院に行くと、軟骨がすり減っていますねと言われる事が多いようですね。

その軟骨がすり減っているという、真偽の程は置いておいても、そのような診断をうけて、人工関節への手術を勧められている方も、痛みが改善することは良くあります。

以前の膝の記事でも書きましたが、多くは筋肉の緊張の問題で膝が痛んでいます。

そこを改善すると膝の痛みはかなり改善することが多いのですが、それだけでは改善しないこともあります。

靭帯、腱、関節包といったところも硬く緊張して、痛みの原因として関与していることが多くあるのです。

痛みの原因となっている筋肉(多くは太ももの筋肉、大腿四頭筋)をしっかり柔らかくして、靭帯、腱、関節包といったところまで柔らかくしていくと、膝もとっても楽になることが多いんです。

上記の図は上から関節包、膝の表面、裏面になります。

これらの白い部分や、水のように映っているところを柔らかくしていくと、膝の痛みがとっても楽になります。

病院や、整骨院、整体も含めて、靭帯や関節包まで、柔らかくしているところは少ないかもしれないですね。

そこが、膝の痛みが取れにくい要因の一つかもしれません。

あなたの膝の痛みがなかなか改善しない場合、ここの部分を柔らかくしてくことも考えてみて下さい。

この関節包や靭帯はぐいぐい押しても、柔らかくならないし、痛いだけなのでやめてくださいね。

ソフトなタッチで柔らかくしていくことが出来ます。

整体の施術でそんなことまでできるの?と言われる方もいらっしゃいますが、可能ですので相談してみて下さいね。

※画像はプロメテウス解剖学アトラスのものです。

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます