久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

脊柱管狭窄症による腰の痛みの原因は

腰が痛かったり、歩くとお尻から足が痛かったり、しびれたり。

とてもつらい症状です。

辛抱たまらずに、最初は病院にいかれると思います。

そこで病院にいくとレントゲン、MARの撮影になります。

ついた診断が脊柱管狭窄症。

うちに来られるお客様はあんまり親切な説明を受けている方は、いないようです。

おおざっぱに4番5番がつまってますとか狭くなってますといわれるようです。

病院では診察時間も5分ぐらいしかないわけですから、そのぐらいの説明しか物理的に無理かと思います。

うちの整体に来られた方には、まず脊柱管狭窄症の説明、そして医師の見立て。

そして整体としての見立て。

その違いとなぜ違うのかの説明などを初めての方には時間をかけて行うようにしています。

病院の説明は脊柱管が狭くなることにより神経が圧迫されて、腰やおしり、足にかけての痛みしびれが起きているといわれます。

私は、そうではなく、筋肉の拘縮による血行不良や神経圧迫が原因であると考えています。

事実、筋肉を柔らかくすることで、病院で手術を勧められている方であったとしても、改善していくこに枚挙にいとまがありません。

もちろん全てが大丈夫というつもりはありせんが、多くの方が改善されて行きます。

脊柱管狭窄症と診断を受けていられる方で、まず見るべき筋肉は大腰筋です。

脊柱管狭窄症の方は、後ろに反ることが難しい方が多いですが、これは子の大腰筋が緊張して短縮していることのせいで後ろに反れないようになっている場合がとても多いです。

 

この拘縮がとれると、うしろに反れるようになります。
また大腰筋の緊張に痛みは腰にくることが多く、お腹側の筋というイメージが多いと思いますが、名前のとおり、腰痛とはきってもきれない筋肉です。

大腰筋の下の方は直接、触れれるところもありますが、上部のほうは内臓のしたにありますので内臓をかいしてしか触れることが出来ません。

 

ですので普通のマッサージでは緩めにくい筋肉と言えます。

うちの整体では触らずに緩める方法をとっておりますので、深部の筋肉でも問題ありませんが(^▽^)/

 

脊柱管狭窄症の方はまずここを見なくてはなりません。

脊柱管狭窄症の診断を受けた方は、まずこの筋肉を緩めることを考えてみて下さい。

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます