久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

肩の痛みと長年の腰痛

こんにちは

整体ponoの高田です。

肩の痛みと長年の腰痛でこられたお客様のお話です。40代後半の男性

腰痛を感じだしたのは15年ぐらい前から、最初は少し違和感を感じる程度でしたが、少しずつ、痛みが強くなり、長く座っていると腰が痛くて立ち上がったり、腰を回したりなんか動きをつけないと腰痛が強くて座ってられない感じでした。

それに加えて方も痛みだして、肩は上げれない感じになっていって生活にとても支障が出てきたそうです。

整形外科に3件、整骨院、整体、カイロ、整形外科の理学療法、いろんなところを回って治療をうけられたそうでした。

ある整形外科の注射が効いて、肩の違和感や可動域はかなり改善したそうです。がまだあと少しが痛い。

腰痛に関しては、色んな所に行ったけど、結局治らなかったそうです。

そこで当、整体にこられたわけですが、まず肩の方がつらいとのことでしたので調べてみると、原因は肩というより、胸。

大胸筋と小胸筋の筋硬結が原因のようでした。ここが取れるとスッキリとして痛みもなくなりました。

肩の痛みだと回旋筋といわれるところを見がちですが、このように胸の筋肉が原因の場合もよくあります。

 

腰を見ていくと、腰というか背中の痛みでした。

肩甲骨の下のあたりの腸肋筋と言われる筋肉に硬結が多くあり、そこが中心の問題であると思われました。

あと鉄板である大腰筋。

座るときに、背中を丸くして骨盤を倒してすわる癖があり、それが腰から背中を痛くする根本原因のように思われました。

まっすぐ座る為に、殿筋などの筋肉も施術して、体幹をもっと安定させる必要があります。

そこをやらないと、まっすぐ座るように言っても座れないのです。

整体の施術で痛みの原因である筋硬結をとりのぞき、まっすぐに座れる体をつくる。そして日常生活の腰に負担のかかる座り方を改めてもらう。

これで15年来の慢性腰痛ともさよならできます。

腰痛の根本改善には日常生活の改善もかかせません。

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます