久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

腰を伸ばすと痛いときの原因

久留米市の腰痛専門整体ポノの高田です。

腰痛の原因は色々ありますが今回は、腰を後ろに反らしたときに痛い方の原因を考えてみたいと思います。

 

腰が痛いのだから腰が原因だろうと考えるのが普通ですが、実はそうでなかったりすることが多いのです。

 

腰を後ろにそらしての痛みの原因としては、大腰筋が鉄板ではあるのですが見逃してはいけないのが、大腿四頭筋、その中でも大腿直筋です。

 

この正面にある太くて強い筋肉です。

この筋肉が披露して硬くなってくると、太もも自体ももちろんいたくなったりもするのですが腰や膝にもすっごく悪さをしていきます。

 

大腿直筋だけを切り取って横から見ていくと、わかる通り、骨盤から膝のおさらのところまでつながっています。

 

この筋肉がかたく短縮をしていくと、腰痛の観点からみると骨盤を前にひっぱります。前傾になっていくわけです。

 

これが進むと反り腰になります。

 

腰を後ろに伸ばしていくときに、腰の問題もありますが、この太ももの筋肉が伸びていかないために、腰が無理をして痛んでいる可能性が大いにあるわけです。

 

ここが問題で腰が痛い場合、腰をもんでもたたいても、改善しないのは当然なわけです。

 

膝の面からみてもこの筋肉が短縮をすれば、膝の関節がせまくなります。膝の痛みは病院では軟骨がすり減っていると言われることが多いと思いますが、筋肉が短縮して痛んでいることが大半で、筋肉が弛緩することで膝の痛みが改善していくことも枚挙にいとまがありません。

 

腰や膝がいたくても、その場所だけに原因があるとは限りません。色々と可能性を探ることがとても大切です。

 

そして当然ですがその筋肉をしっかり柔らかくすることが大切なのです。

 

セルフケアのやり方もしっかりお教えいたしますので、腰痛でお困りの方はご相談下さいね。

 

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます