久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

椎間板ヘルニアによるお尻から足にかけての痛み

久留米市の腰痛専門整体ポノの高田です。

 

椎間板ヘルニアと診断された患者様の治療例です。

 

74歳男性

 

ある日、急に腰が痛くなり始めて、整形外科に行きました。

 

レントゲンはとるものも、そこまでの以上はないから、シップと痛み止めの薬で様子をみて下さいとのことでした。

 

しかし、痛みは弱まるどころか、どんどん強くなり、痛みがお尻から足にかけて広がってきました。

不安に思い再度整形外科に行くと、MRIをとりましょうということで、撮影をすると椎間板ヘルニアという診断でした。

 

あんまり痛いなら手術がいいですよと、言われ痛み止めの薬をだされて、来月また来てくださいといわれたそうです。

 

しかし痛みは日に日に増してきて、ついには歩く事も困難になってきました。

 

いつも行っている整骨院にも通って、電気やマッサージをしてもらっても痛みは改善せず、どんどん悪くなる一方でした。

 

人から紹介してもらった整体院にも通いましたが、10分ぐらい足をぐるぐるしただけで、よくなる気配もなく、どうしたものかと途方に暮れているときに、当院にご連絡ありました。

 

もう、自力歩行が難しく、来てもらうことができなかったので、出張で治療をすることになりました。

 

私が見た時は、かなり悪くお尻の痛みで座ることができず、立つことも1分ぐらいがやっとという感じでした。

 

一か月ぐらいほとんど寝たきり状態になっていて、筋肉にはりがなくなってしまってました。

 

まっすぐ寝る事もできず、まるまってないと苦しい状態。食事もお尻をつくと痛いので、ねて食べるということでした。

 

これは大変な状態でした。

 

まずは足を伸ばして寝れるようにしましよう。まずゆっくりねむれること。

 

次は座れること、そして立てるように、そして歩けるようにと目標を一歩ずつくりあするように勧めていきました。

 

まずは臀部の筋肉、鉄板である梨状筋、この方に場合は大殿筋や大内転筋も問題があしました。

 

初めは痛みが強く、ねがえりすらもできない状態でしたから、週に2回治療しました。

 

痛みが軽くなるにしたがって、少しずつつ回数を減らしながら、治療を続けます。

 

全く歩けない激痛から、一か月後には軽く歩けるようになり、3か月後には多少の違和感は残るものの、日常生活には支障がないところまでは回復されました。

 

整形外科では手術しないなら、来なくていいよみたいな対応だったそうです。

 

忙しいのはわかるけどもっとしっかりと話をきいてあげてもいいと思うし、手術をすすめるにしても説明も不十分だと思います。

 

もちろん医師によって対応はさまざまだと思いますし素晴らしい医師が沢山いるのも知っています、しかし患者さんの痛みに寄り添うことができない、流れ作業的な治療や診断をしている方がいるのも事実です。

 

病院で治療が上手くいかなくても、一度ご相談してみて下さいね。

 

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます