久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

腰とお尻の痛みについて

久留米市の腰痛専門整体ポノの髙田です。

 

世の中に腰とお尻が痛い人の多い事、多い事。

 

皆さんなかなか治らずに困っています。

 

腰やお尻が痛くてもほとんどの方がまず我慢しますね。

 

それから我慢の限界が来て、整形外科へ行きます。レントゲンをとって、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の所見がなければ、以上なしですねと言われて痛み止めの薬か、シップ薬をもらって様子を見て下さいと言われるのが大半ですね。

 

レントゲンの所見があっても殆ど変わらず、痛みが強い場合はブロック注射をしてみるか、あまりに痛みが強かったり、効果がない場合は手術をすすめられますね。

 

こんな時にまず見るべきところは筋肉です。

 

その中でも今日は大殿筋を紹介したいと思います。

 

大殿筋はお尻を大きくつつんで大変大きな筋肉です。

 

この筋肉が硬くなり動きに不調がでると、まずお尻自体が痛むことが多いですね。

 

硬い筋肉自体が痛んでいる、この硬さがとれるだけで、お尻の痛みがかなり緩和されます。

 

腰を反らすときは、この大殿筋は収縮して縮んでいきます。この時に痛みを出すこともあります。

 

また腰痛との関連も深くて、前屈して体を前に倒すとき、腰が痛む場合、大殿筋が硬くて伸びていかずに、前に曲げるときに腰に負担がかかり腰が痛む場合もあります。

 

お尻の痛みにも腰痛にも大きくかかわっているわけです。

 

この大殿筋の硬さをとることは、腰痛もお尻の痛みも改善するためには絶対にかかせない治療になりますね。

 

あなたのお尻や、腰痛が治らないときは、この大殿筋の硬さを見てみて下さいね。

 

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます