久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

腰の真ん中が痛い時の治し方

腰の真ん中あたりが痛い!

腰痛の方のよくある症状です。痛みの原因の大半は筋肉の緊張です。

ということは原因となっている筋肉の緊張を取り除くと、痛みは取れてくるわけです。

 

腰の真ん中が痛いとき、色々と原因はかんがえられますが、まず疑うべきところは、多裂筋です。

多裂筋

 

この筋肉はとても重要な筋肉で、姿勢を安定させるために日夜働き続けてくれています。

 

この筋肉が悪い姿勢や、あるき方などで、負担がかかりすぎてくるとつかれて、姿勢保つことが難しくなってくるわけです。

すなわち、痛い。となるわけです。どちらかというと、長時間立っていたり、座っていたり、動かない状態で痛くなる方はこの筋肉が悪くなっている可能性がありますから、今からお伝えするセルフケアを是非やって見て下さい。

多裂筋セルフケア

まず、椅子などに腰をかけて座ります。

次に足を組みます。

多裂筋セルフケア
多裂筋セルフケア

右足を上にして足を組んだら、左肩を右足に近づけて行くように斜め前に倒れてゆきます。

多裂筋セルフケア

この時に腰から背中が軽く伸びるように感じたらOKです。無理に伸ばす必要はありません。

 

この位置まで倒れたら、大きく深呼吸を5回します。

体中の力を抜いてリラックスすることがポイントです。緊張していると効果が半減します。

特にお腹の力が抜かえている事、息を吐く時に力が抜けるように意識して下さい。しつこいですが、リラックスがポイントです。

 

足を組んで倒れるだけなのでとても簡単です。右と左、両方行います。しかし必ず楽な方からやって下さい。これはとても重要です。きつい方だけやりたくなりますが、逆です。

 

重要なことなのでもう一度いいますね。

必ず楽な方からやって下さい。やってることは多裂筋のストレッチのように感じますが、実は伸ばしている方の、反対側の多裂筋がこれで柔らかくなって行きます。

 

当院に来られた方はよくご存知だと思いますが、痛い方の反対側を使って、痛い方を治すやり方です。効果バツグンなのでぜひやって見て下さいね。

 

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます