久留米市で3軒以上治療院を回っても腰痛が治らないあなたへ

腰痛改善ストレッチ 中殿筋

腰痛の原因としていつも上位に来る中殿筋
この中殿筋のセルフケアをお届けしたいと思います。

中殿筋は歩くときに骨盤を水平に保つという重要な役割があります。
中殿筋が弱化すると歩くときに骨盤を水平に保てなくなり片方が落ちるような歩き方になります。

中殿筋

また中殿筋が固くなると骨盤の中央付近に痛みを出したり、足の太ももやふくらはぎの側面に痛みやしびれを出すこともあり、坐骨神経痛や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症と症状がとても似ており、それをレントゲンやMRIで鑑別することはとても困難で、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断をうけていても実は中殿筋や小殿筋の硬結による関連痛であることも、ものすごく多いのです。

これからご紹介するストレッチ行い腰痛改善に是非役立てて下さい。

改善の効果が期待できる場所は
○左右のお尻の上部の痛み
○骨盤の中央部分の痛み
○太ももからふくらはぎの側面の痛みやしびれ

ストレッチのルール

当院が推奨するストレッチにはルールがあります。皆さんが思っているものとはかなり違うと思いますが効果は抜群ですから必ず守ってやって下さい。

痛い方と反対側を行う(痛くない側)痛い方をやりたくなると思いますが、実はこれが効果抜群なのです。

伸ばしすぎない。少し伸びているぐらいで充分です。伸ばしすぎるのは逆効果だと覚えておいて下さい。

痛い方をリラックスする(痛くない方を伸ばして痛い方をリラックスすることで痛いほうが治って来ます。深呼吸すると効果的です)

中殿筋ストレッチのやり方

中殿筋下部繊維
中殿筋下部線維

まず中殿筋の下部線維
骨盤が浮かないようにして反対側の肩の方に伸ばします。
左右やってみて楽な方を行って下さい。
この時におばしすぎる必要はありません。少し伸びていれば充分です。
そして反対側をリラックスして深呼吸します。深呼吸3回して10程休憩をいれてこれを3セット行います。

中殿筋中部線維
中殿筋中部線維

中殿筋中部線維
骨盤が浮かないようにして真横方向に伸ばして行きます。
あとは後部繊維の場合と同じです。

中殿筋下部線維
中殿筋下部線維

中殿筋下部線維
斜め下方向に伸ばして行きます。
あとは同じやり方です。

中殿筋は腰痛の改善を行う上でとても施術の効果が高い場所です。
日々のケアがとっても大切ですからぜひやってみて下さい。

お電話ください

ネットでご予約(24H受付)

LINEでもご予約できます